【2022年5月27日更新】

当センターでは、寄贈された明治期以降の貴重な音楽資料(図書、雑誌、楽譜、音響資料等々)を資料群として整理・保存し、研究のために広く利用できるよう、音楽文庫室を設置しています。
現在、当センターには4つの個人文庫があり、シモン・ゴールドベルク、園田高弘、大宮真琴、増井敬二の四氏の貴重な音楽資料を整理・保存・公開しています。
個人が所蔵していた楽譜・書籍・レコードなどの刊行物から、手紙や文書などの未刊行物まで、資料の種類は多岐にわたります。どうぞご活用ください。

※ご利用は予約制となっております。メールにてお申し込みください。onken@ml.geidai.ac.jp

シモン・ゴールドベルク文庫
ゴールドベルク山根美代子氏の遺志を引き継いだご遺族より寄贈された、20 世紀稀代のヴァイオ
リニスト シモン・ゴールドベルク(1909-1993) の遺品(洋書、和書、楽譜、書簡、写真、演奏会
プログラム、録音資料等)約 6500 点余りを所蔵。当センターHP ではシモン・ゴールドベルク文庫
データベースを公開しています。

園田高弘文庫
戦後の日本音楽界の重鎮であり、ピアニスト・教育者として楽壇を牽引し続けた園田高弘 (1928-
2004) が生前所蔵していた資料(楽譜、洋書、和書、LP レコード、雑誌、演奏会プログラム、書簡
等)5000 点余りを所蔵。

増井敬二文庫
音楽評論家であり、演出家としての側面もあった増井敬二氏 (1981-2007) の旧蔵 LP をはじめ、オ
ペラ関係の研究ノートを所蔵。録音資料はすでに整理が終了し、当 HP で目録を公開しています。

◆大宮真琴文庫 → 検索はこちらからどうぞ[学内からのみ使用可能です]。
(*この検索を使用するには Mac OS X Lion (v10.7)、Windows 7 以上が必要です)
ハイドン研究の第一人者として国内外で活躍した音楽学者、大宮真琴(1924-1995)が長年の演奏
活動に用いた 266 点の楽譜資料を所蔵。