【2022年10月14日更新】

閲覧・視聴室は、本学の学生と教職員のための音楽研究の拠点です。
約九万点におよぶ音楽関係資料を所蔵し、貸出・閲覧サービスをおこなっています。
また、学生の研究支援にも力を入れております。「教育研究支援」ページ や
実技系学生向けの論文作成マニュアル(2013年発行)も是非ご活用ください。

【閲覧・視聴室/社会発信室の利用案内】
閲覧・視聴室利用案内(2022版)

社会発信室より音楽活動支援のお知らせ (2022版)


閲覧室の所在地

音楽学部 上野校地 2号館1階15号室  →  構内案内図


閲覧室を利用できる人
・本学の教職員、学生
・管理責任者の許可を得た者

*退職教員や卒業生を含む学外の方のご利用は、事前のご予約が必要です。
onken@ml.geidai.ac.jpまでご連絡ください。(平日12:30〜16:30対応)

年度毎の利用者登録が必要です
・R4年度の登録フォームはこちら
*藝大アカウントでご登録ください。
*登録事項に変更が生じた場合はお申し出ください。
*利用登録が済むと、自動返信でGoogleClassroomの登録URLとコードが送信されます。学内の方はご登録下さい。


開室時間(最新の開室状況は開室カレンダーをご確認ください。)
・授業期間中は平日12:30〜16:30に通常開室しております。(*資料の貸出・返却の最終受付は16時20分です。)
・Google Classroomから臨時閉室や開室時間変更のお知らせをお送りしております。(年度毎の利用登録が済むと、自動返信でGoogleClassroomの登録URLとコードが送信されます。)学内の方はご登録下さい。

閉室日
・土・日・祝日
・夏季休業期間、登校禁止期間、年末年始、年度末
*その他開室時間の変更や臨時閉室については、開室カレンダーをご確認下さい。


所蔵資料(約 90,000 点)
・国内外の多岐にわたる音楽分野の図書資料(洋書・和書・洋雑誌・和雑誌・事典・楽譜)
・視聴覚資料(DVD・CD・LD・LP・ビデオ・カセットテープ・16 ミリフィルム)
・マイクロ資料(マイクロフィルム・マイクロフィッシュ)
・本学定期演奏会の記録(音源・映像・プログラム)
・貴重資料(シモン・ゴールドベルク文庫、園田高弘文庫、増井敬二資料、大宮真琴資料など)

資料の検索方法
*こちらのページもご参照下さい。
・資料の検索は基本的に、本学附属図書館OPACにておこないます。
・検索結果として表示される資料のうち、所在が「上野:音研センター」となっているものが、当センターの閲覧室に所蔵されています。
・システム上の問題から、OPACにおいて該当資料が貸出中であるか、または禁帯出であるかを確認することはできません。
・資料の貸出状況等につきましては、メールでお問い合わせください。アドレス:onken@ml.geidai.ac.jp
・OPACで資料が見つからない場合は、目録カードでも検索してみましょう。(カードからオンラインへの資料情報移行が完了していないものがございます。)
・視聴覚資料については、閲覧室のパソコンで、西洋音楽、日本音楽、民族音楽のジャンル別に検索することができいます。
・マイクロ資料は、コンテンツファイルで探します。
・開架書架にない資料は、利用票に請求番号等の必要事項を記入し、スタッフに請求します。


資料の閲覧方法、閲覧・視聴室および自習室ご利用の注意点
・大きなお荷物や楽器をお持ちの場合は、各自のロッカーに入れたうえでお越し頂くか、入口の荷物棚をご利用ください。
・楽器等貴重なものはカウンターでお預かりすることも可能ですが、当室スタッフは一切責任を負いません。
・開架閲覧室の資料は、自由に手にとって見ることができます。
・利用が終わりましたら、返却台に置いてください。
・室内での携帯電話の通話や飲食はお控えください(蓋付きのペットボトルや水筒は可とします)。

自習・インターネット環境
・階段前窓際の3 台の PC では、藝大ミュージックアーカイブ等の学内限定アクセスのページを閲覧可能です(USBやプリンターの接続等は不可)
・資料閲覧・研究用デスクを設置しており、ノート PCの持ち込みも可能です。電源・学内無線 LAN も使用できます。
・学内無線LANの使用方法はAMCのページをご参照下さい。


資料の借出方法
資料の借出方法には、①長期借出と、②当日借出の2通りがあります。
①長期借出:本学の教職員、学生のみ可能です。
・貸出日の4週間後まで、資料を利用することができます。
・予約がない場合に限り、貸出の延長が可能です。こちらのフォームよりご申請ください。
・原則として、図書資料のうち禁帯出資料(貴重資料を含む)を除くものに限ります。

②当日借出:本学の教職員、学生以外も可能です。
*ただし、学外の方のセンター利用は事前の予約が必要です。onken@ml.geidai.ac.jpまでご連絡ください。(平日12:30〜16:30対応)
・貸出日の16時20分までにご返却ください。
・原則として、図書資料のうち貴重資料を除くものに限ります。

貸出の延長申請フォーム
予約がない場合に限り、貸出の延長が可能です。こちらのフォームよりご申請ください。

資料の予約
・他の利用者が借出中の資料については、予約することができます。希望する場合は、スタッフまでお申し出ください。
・資料が利用できるようになり次第、メールにてお知らせします。

資料の返却方法
カウンターでの返却は16:20までにお願いいたします。一時持ち出し図書・禁帯出資料は必ずカウンターにお返しください。
緑の返却ポスト →閲覧室前に設置しておりますので、是非ご活用ください。【5cm未満・禁帯出以外の書籍】なら、時間を問わずに投函していただけます。
郵送・宅配便による資料返却も可能です。
・それに伴う料金は利用者の皆さまにご負担いただきます。
・資料のご返送は配達記録が追跡できる方法で、以下の宛先までお願いいたします。
・必ず、当センター宛であることを明記してください。
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
東京藝術大学音楽学部音楽総合研究センター
閲覧・視聴室 宛(返却書籍 在中)


視聴コーナー案内
♬閲覧室内に、個人の研究用の視聴覚資料視聴コーナーがあります。

・備付機器
試聴室には下記の機器類があります。
LP・CD・DVD・LDプレーヤー、ビデオ(VHS)デッキ

・利用上の注意
機器を利用する場合は、所定の手続きに従ってください。
(館内に掲示しているQRコードを読み込み、視聴覚資料利用申し込みフォームに記入して頂きます。)

・その他
大学の定期演奏会の記録を試聴することができます。希望する場合は、所定の手続きを行ってください。


【各種申請書】2022年5月2日更新
資料配送申込書
2022年度は遠隔受講を許可された学生など、やむを得ない理由のある方のみ、資料配送サービスの利用が可能です。
正当な理由があり、帯出可能な資料の配送を希望する学生・教職員の皆様は、フォーマットをご利用ください。
(一部資料につきまして「禁帯出」が附属図書館図書館OPACに反映されていない場合がございます。ご希望の資料に関しまして、一度メールでお問合せください。)

開架閲覧室利用申請メールフォーマット(閲覧室の利用を希望する学生・教職員の皆様へ)
2022年度は予約制の利用を終了し、通常開室しています。開室時間内にいらしてください。