日本語|English

[#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D3 2009/06/16 14:13:32.42 ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢ RAW (14-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF L (4256 x 2832), FX ƒŒƒ“ƒYF 17-35mm F/2.8D ŽB‰eŽÒ–¼F komatsu yoshio ’˜ìŒ ŽÒ–¼F komatsu yoshio Å“_‹——£F 20mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/5•b i‚è’lF F/13 ˜Io•â³F 0’i ˜Io’²ßF ISOŠ´“xÝ’èF ISO 400 Ždã‚ª‚èÝ’èF ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0 ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹(M) AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒVƒ“ƒOƒ‹ AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢ ŽèƒuƒŒ•â³F ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ƒJƒ‰[Ý’èF F‹óŠÔF Adobe RGB ŠK’²•â³F F‡‚¢’²®F Ê“xÝ’èF —ÖŠs‹­’²F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚µ‚È‚¢ ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F ‚µ‚È‚¢ Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [NL] ƒjƒ…[ƒgƒ‰ƒ‹ ƒx[ƒXF ƒNƒCƒbƒN’²®F - —ÖŠs‹­’²F 2 ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF 0 –¾‚邳F 0 F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0 F‡‚¢(F‘Š)F 0 ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF ’²FF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³F ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F ‘ª’nŒnF ‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢ ƒSƒ~œ‹ŽF ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF komatsu-studio [#End of Shooting Data Section] [#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D3 2009/06/16 14:20:41.33 ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢ RAW (14-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF L (4256 x 2832), FX ƒŒƒ“ƒYF 17-35mm F/2.8D ŽB‰eŽÒ–¼F komatsu yoshio ’˜ìŒ ŽÒ–¼F komatsu yoshio Å“_‹——£F 17mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/8•b i‚è’lF F/13 ˜Io•â³F 0’i ˜Io’²ßF ISOŠ´“xÝ’èF ISO 400 Ždã‚ª‚èÝ’èF ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0 ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹(M) AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒVƒ“ƒOƒ‹ AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢ ŽèƒuƒŒ•â³F ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ƒJƒ‰[Ý’èF F‹óŠÔF Adobe RGB ŠK’²•â³F F‡‚¢’²®F Ê“xÝ’èF —ÖŠs‹­’²F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚µ‚È‚¢ ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F ‚µ‚È‚¢ Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [NL] ƒjƒ…[ƒgƒ‰ƒ‹ ƒx[ƒXF ƒNƒCƒbƒN’²®F - —ÖŠs‹­’²F 2 ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF 0 –¾‚邳F 0 F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0 F‡‚¢(F‘Š)F 0 ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF ’²FF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³F ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F ‘ª’nŒnF ‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢ ƒSƒ~œ‹ŽF ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF komatsu-studio [#End of Shooting Data Section] [#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D3 2009/06/16 14:33:15.59 ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢ RAW (14-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF L (4256 x 2832), FX ƒŒƒ“ƒYF 17-35mm F/2.8D ŽB‰eŽÒ–¼F komatsu yoshio ’˜ìŒ ŽÒ–¼F komatsu yoshio Å“_‹——£F 26mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/2.5•b i‚è’lF F/13 ˜Io•â³F 0’i ˜Io’²ßF ISOŠ´“xÝ’èF ISO 400 Ždã‚ª‚èÝ’èF ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0 ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹(M) AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒVƒ“ƒOƒ‹ AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢ ŽèƒuƒŒ•â³F ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ƒJƒ‰[Ý’èF F‹óŠÔF Adobe RGB ŠK’²•â³F F‡‚¢’²®F Ê“xÝ’èF —ÖŠs‹­’²F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚µ‚È‚¢ ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F ‚µ‚È‚¢ Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [NL] ƒjƒ…[ƒgƒ‰ƒ‹ ƒx[ƒXF ƒNƒCƒbƒN’²®F - —ÖŠs‹­’²F 2 ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF 0 –¾‚邳F 0 F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0 F‡‚¢(F‘Š)F 0 ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF ’²FF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³F ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F ‘ª’nŒnF ‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢ ƒSƒ~œ‹ŽF ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF komatsu-studio [#End of Shooting Data Section] [#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D3 2009/06/16 14:41:32.25 ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢ RAW (14-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF L (4256 x 2832), FX ƒŒƒ“ƒYF 17-35mm F/2.8D ŽB‰eŽÒ–¼F komatsu yoshio ’˜ìŒ ŽÒ–¼F komatsu yoshio Å“_‹——£F 19mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/8•b i‚è’lF F/13 ˜Io•â³F 0’i ˜Io’²ßF ISOŠ´“xÝ’èF ISO 400 Ždã‚ª‚èÝ’èF ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0 ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹(M) AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒVƒ“ƒOƒ‹ AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢ ŽèƒuƒŒ•â³F ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ƒJƒ‰[Ý’èF F‹óŠÔF Adobe RGB ŠK’²•â³F F‡‚¢’²®F Ê“xÝ’èF —ÖŠs‹­’²F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚µ‚È‚¢ ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F ‚µ‚È‚¢ Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [NL] ƒjƒ…[ƒgƒ‰ƒ‹ ƒx[ƒXF ƒNƒCƒbƒN’²®F - —ÖŠs‹­’²F 2 ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF 0 –¾‚邳F 0 F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0 F‡‚¢(F‘Š)F 0 ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF ’²FF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³F ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F ‘ª’nŒnF ‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢ ƒSƒ~œ‹ŽF ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF komatsu-studio [#End of Shooting Data Section]

音楽総合研究センターへようこそ

【音楽総合研究センターの各部門】
〔お知らせ〕

【夏休み期間の開室につきまして】
2019年8月〜9月は
8月6日(火)/20日(火)/27日(火)
9月3日(火)/10日(火)
のみ10:30-17:00で開室いたします。ご留意のうえご利用ください。
開室日はこちらからもご確認いただけます。(2019/7/31)

———————— + ————————

論文作成ワークショップの開催が決定しました。
第1回(基礎編)2019年10月3日(水)Ⅳ限(14:40-16:10)
第2回(実用編)2019年10月10日(水)Ⅳ限(14:40-16:10)
詳しくはこちらからご確認ください。(2019/7/30)

———————— + ————————

新しい資料が加わりました。詳しくはこちらからご覧ください。→洋書和書楽譜(2019/7/2)

———————— + ————————

【コンサートのお知らせ】
2019年7月19日(金)、19時より本学第6ホールにてSPレコード・コンサート「第2回
野澤コレクションでたどるヴァイオリン演奏の系譜〜シモン・ゴールドベルクを中心に〜」を開催いたします。今回のコンサートは附属図書館を中心とする研究プロジェクトの一環として行われるもので、ゴールドベルクの薫陶を受けた澤和樹学長の解説を交えながら、ゴールドベルクを中心に種々のヴァイオリニストとの聴き比べなども行います。
またホワイエでは、ゴールドベルク文庫所蔵の関連資料や楽譜なども展示します。
詳しくはこちらをご参照ください。
ご来場をお待ちしております。

(2019/7/2)

———————— + ————————

講演会シリーズ第7回「特別講座 第 7 回 若手音楽家のためのキャリア展開支援」【6月14日(金)】を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。(2019/5/15)

———————— + ————————

(前期)ワークショップ 第1回「音楽家になるためのWeb発信講座~ポートフォリオ・サイト作成支援~」【5月16日(木)】を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。(2019/5/15)

———————— + ————————

書架の配架が一部変更となりました。ニューグローヴ世界音楽大事典等の事典類を1階自習用机付近の書架に移動いたしました。配架場所がわからない場合はカウンタースタッフにお尋ねください。引き続きのご利用をお待ちしております。(2019/5/7)

———————— + ————————

論文作成ワークショップの開催が決定しました。
第1回(基礎編)2019年4月10日(水)Ⅳ限(14:40-16:10)
第2回(実用編)2019年4月17日(水)Ⅳ限(14:40-16:10)
詳しくはこちらからご確認ください。

無事に終了いたしました。後期も開催予定ですので、詳細決定次第お知らせいたします。(2019/4/4)

———————— + ————————

大木裕子氏より以下の資料を御寄贈いただきました。
・『ゴールドベルク・ラスト・リサイタル:モーツァルト、ブラームス』 シモン・ゴールドベルク、山根美代子。Tobu Recordings: TBRLP-0001~2 (LP) Recorded 1992, released 2018. [SGRE2/S1]
シモン・ゴールドベルク文庫の資料としてご利用いただけます。(2018/12/3)

———————— + ————————

(後期)ワークショップ 第1回「音楽家になるためのWeb発信講座~ポートフォリオ・サイト作成支援~」を開催(12月6日)します。詳しくはこちらをご覧ください。(2018/11/28)

———————— + ————————

バッハ愛用『カロフ聖書』完全復刻版が所蔵資料に加わりました。詳しくはこちらをご覧ください。(2018/11/26)

———————— + ————————

新しい資料が入りました。詳しくはこちらからご覧ください。(2018/11/12)

———————— + ————————

当センター2階にて、「シモン・ゴールドベルク」文庫ミニ展示を開催しております。開室時間中はいつでもご覧いただけます。
詳細はこちらをご覧ください。(2018/10/23)

———————— + ————————

2018年度後期論文作成ワークショップが10月9日(火)Ⅳ限・16日(火)Ⅳ限に開催されます。くわしくはこちらをご確認ください。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。(2018/10/1)

———————— + ————————

9月3日(月)〜9日(日)限定開設

東京藝術大学音楽学部音楽総合研究センター
特別展示『音楽劇とは何か ——楽譜で見るオペラあるいは劇音楽の変遷—— 』

この度、音楽総合研究センターでは、昨年に引き続き所蔵資料の特別展示を開催いたします。今回は『音楽劇とは何か
——楽譜で見るオペラあるいは劇音楽の変遷——
』と題しまして、ワーグナーの自筆譜ファクシミリ、ブリテンの上演ノート付草稿ファクシミリ等、オペラや劇音楽作品に関する資料を解説付きで展示いたします。展示に加え、会期の最終二日間には、声楽家とピアニストによる展示資料の演奏を行います。
つきましては、皆様お誘い合わせの上、ぜひともご来場いただきますよう、お願い申し上げます。

【会期】2018年9月3日(月)〜9月9日(日)会期中無休
【開館時間】10:30〜16:30(最終入場16:00)入場無料
【会場】音楽総合研究センター(音楽学部2号館)
【展示資料演奏スケジュール】
9月8日(土)12:00〜、15:00〜
9月9日(日)12:00〜、15:00〜 (約一時間、先着40名)
※上記全4回の内、8日(土)12:00〜は芸大フレンズ会員優待
[出演]
中須美喜、山下裕賀、佐々木洋平、齊藤州重、高橋健介
[演目]
・モンテヴェルディC. Monteverdi《オルフェオ L’Orfeo》第3幕より
・ヘンデル G.F.Händel 《オルランド Orlando》第3幕より
・グルック C.W. Gluck《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice》第3幕より
・ワーグナー R. Wagner 《トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde》第2幕より
・ヒンデミット P.Hindemith《ヌシュ・ヌシDas Nusch-Nuschi》より
ほか
【主催】音楽総合研究センター
【助成】藝大フレンズ賛助金、東京藝術大学澤和樹学長学術研究基金助成事業
【URL】http://onken.geidai.ac.jp
【Tel.】050-5525-2379
【Mail】onkenfriends2016@gmail.com

※LPのフリーマーケットを同時開催しております。当センター1Fスペースにて開催しておりますので、併せてお立ち寄りください。

 (2018/9/3)

———————— + ————————

ニューイングランド音楽院が提供する『音楽活動支援サイトBridge』をご利用いただけるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください。(2018/7/13)

———————— + ————————

9月3日(月)〜9日(日)に開催いたします特別展示・演奏企画について掲載いたしました。詳しくはこちらよりご覧ください。(2018/6/25)

———————— + ————————

新しい資料が加わりました。詳細はこちらをご覧ください。5月25日新収分→洋書和書楽譜(2018/5/28)

———————— + ————————

ワークショップ 第1回「音楽家になるためのWeb発信講座~ポートフォリオ・サイト作成支援~」を開催(5月30日)します。詳しくはこちらをご覧ください。(2018/5/16)

———————— + ————————

特別講座 第1回 白石光隆先生「若手音楽家のためのキャリア展開支援」を開催(6月1日)します。詳細はこちらをご覧ください。(5月16日)(2018/5/16)

———————— + ————————

Scroll to Top